2005/06/29.Wed

キルトライン

初めてフェザーのキルトラインを使ったのは
クリスマスのキルトでした。
どうやって描くのかな~と思っていたら、
自分でフェザーの練習をして、TOPにあうようにデザインすると聞いたときはびっくりしました。
今まで見たことのあるフェザーキルトは、
どれも皆きれいに揃っていて、きっとテンプレートか何かあるんだろう、と思っていたからです。
流れるような羽を均等に描くのはとても難しかったです。
そのあと、サンプラーキルトにもボーダーにフェザーを入れてキルとしたのですが、
縫い代をまたいでのキルトはなかなか上手くいかず、
針目が大きくなってちょっとがっかり。
もっとゆっくり丁寧にすればよかった、と後悔の残るものになってしまいました。
そのときに参考にしたのが
実物大キルティングパターン集
花とフェザー75種 ハーツ&ハンズ (文化出版局)
です。
book5.jpg

BOOK・パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
シンプルで可愛い♪
表紙のキルトもとっても可愛いですね。
私は未だフェザーを未経験です。大作といっても90cm四方が精一杯の私ですし、大抵落としキルトで済ませてきてしまいました。
今はお稽古に通っているので、近々キルトラインで表現する機会があるとは思いますが、上手に刺せるか今から心配です。
由瑠さん
こんにちは!
私も大してやっていないのですが、
ホワイトキルトの大作など作ることがあればきっとたくさん刺せますね。
落としキルトだけとは違った優雅さに憧れます~

管理者のみに表示
« 布選び | HOME | 四角つなぎ »