FC2ブログ
2005/06/15.Wed

大好きな布1

nuno1.jpg

パッチワークを始めてからの布選びは、まず自分の好きなもの。
組み合わせを考えたりせず、ひたすら好きなものを手にしていました。
気が付くと、同じような色柄の布ばかり。
私はどうも小柄模様が好きみたいです。
この布たちの手前3枚は、本当に始めのころ(12年位前)購入した布です。どれもソーインググッズの模様です。
私は一番手前のこんなブルーが大好きで、はさみの模様も可愛くて今もお気に入りです。
右から2番目の布は、何かの作品に使われてるのを見てずっとほしかった布で、
手元に来てからももったいなくてなかなか使えませんでした。
ちいさな糸巻きがとっても可愛いのです。
右から3番目の布はミシンとボタンが可愛くて買ったのに、
なかなか使い道がありません。裏布にしようかな。
一番左の布は、大作の裏に使ったもので、
裏布と言えども、好きな布を使うとこんなにも出来上がりが違うのかな、と驚いた思い入れのある布です。
今もはさみやボタン柄の布を見つけると思わず買ってしまいます。
パッチワーク | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
あら!ブルーの鋏の布は色違いを持っていますよ。
こげ茶と黄土色だったなぁ。
「ちどり」でピースを切って使った記憶があるけれど・・・
「きょうだい」分の布を見付けると 何となく嬉しいものですね☆
好きな布
手芸屋さんやキルト展なんかに行くと、どうしても買ってしまってたまる布。しかも、何かを作ろうと思って柄合わせしたものでなければ、自分の好みのものばかり集まって、なかなか出番がありませんよね。
最近お稽古に通うようになり、先生と柄あわせを「勉強」として行うようになって初めて、自分が好きでないタイプの柄も必要な要素であることに気づきました。15年もやってて、やっと気づけたなんて、私ってスローモーだわ(^_^;)
みえさん
そうなんですか~♪
色違いの布を持っていらっしゃるんですね。
ホント、なんだか嬉しいです。
どこで使っていらっしゃるのか見に行ってこようっと。
由瑠さん
そうです、そうなんです。
何か作るために買った布と、好きって思って買った布って、使われ方が違います。
好きな布だから、ずっと持ってても嬉しいんだけどね。
好きじゃないタイプの布も、使ってみると結構良かったりして。
私も教室に通ってるときに作ったタペは、先生の選んでくださった私好みじゃない布がみんなにはポイントになってて良いって褒めてもらいました・・・

管理者のみに表示