FC2ブログ
2005/06/08.Wed

パターン1

パッチワークにはいろいろなパターンがあって、
最初はただ可愛い、とか、きれい、とか、見た目で好みを言っていたように思います。
教室に通ったり、いろいろな本で勉強していくうちに、
それぞれのパターンにはいろいろな意味があって、
だからこういうデザインになってるんだ、ということがわかり、
とても面白く興味を持つようになりました。
book23.jpg

鷲沢玲子のパッチワークキルト入門(日本ヴォーグ社)
この本には、作りたい作品もたくさん載っているのですが、Lesson3にはアメリカンキルトの歴史が簡単にまとめられていてとても興味深く読むことができます。
Lesson4にはサンプラーキルトがパターンごとに製図やピースワークのポイントが丁寧に描かれてあり、
またそのパターンの意味まで添えられていて、もっと勉強してみたいな、と思っています。
BOOK・パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« パターン2 | HOME | 洋書1 »