2008/11/25.Tue

アルファベットサンプラー~X

残すところ後3枚になったアルファベットサンプラー。
今回の一枚は季節にもぴったり、X’mas。
alphabet_x.jpg
いろんな布を使って賑やかに。
気がつけば、クリスマスまでちょうどあと一ヶ月。
今年のクリスマスはどんな風に過ごすのかなぁ。
パッチワーク | Comments(6)
2008/11/24.Mon

ローマンストライプのバスケット

ローマンストライプのバスケット、完成しました^^
basket1123_1.jpg
調子の悪いミシンを騙しながら何とか本体を作り、
持ち手をつけて完成^^
プラスチックファイルをカットしてボード代わりに入れてあります。
思ったよりも可愛い感じにできて嬉しい^^
母には手渡すことができなかったら、
焼き菓子を詰めて送るのもいいかも♪
basket1123_2.jpg

 出来上がりサイズ9×18×12?(持ち手含まず)
 加藤礼子のハートフルキルト 参考

パッチワーク | Comments(10)
2008/11/22.Sat

刺繍をプラス

昨日のトップにヘリングボーンステッチをプラスしました。
komonoire1121.jpg
トップが出来た時には刺繍はなくてもいいかなぁと思ったのだけど、
やっぱりあると無いとでは大違い!
手間をかけるっといいことですねぇ。
ちょっとステッチの大きさが不ぞろいなのが気になりますが…
刺繍糸の色は画像ではピンクに見えますが、
実際はミルクココアの色っぽいです。
パッチワーク | Comments(2)
2008/11/21.Fri

シックなクリスマス

だんだんクリスマスに向かって街中が賑やかにウキウキしてきたこの頃。
12月は母のお誕生月でもあります。
この間母が来ていたとき、
パッチワークの本を見ていて、
『こんなのいいねぇ』と言っていたものがあったので、
それをプレゼントにしようと作っています。
komonoire1120_2.jpg
こんな感じで繋いでみました。
期せずしてちょっとシックなクリスマスカラーになったみたい?
これから刺繍をプラスして、
形を作っていきます。
パッチワーク | Comments(8)
2008/11/17.Mon

クリスマスリースのフレーム

毎年ひとつずつ増えていくクリスマスもの。
今年はどんなものをつくろうかな~と思っていたところ、
簡単で可愛い素敵なフレームの作品を見つけました。
xmaswreath2.jpg
優しいトープカラーのSTUDIO QUILTさんのクリスマスリース。
オクタゴンつなぎの上にレースからカットした葉っぱをリース状に留めてあります。
葉っぱの根元のフレンチナッツステッチのお色もきれいです。
xmaswreath1.jpg
フレームは手持ちのものを使っています。
クリスマスリース、といいながら、
季節を問わず飾れそう~
最近はそんなものばかりです^^;
ちなみに去年も似た様な→ 
クリスマスの小物もぼちぼち出していますが、
年々簡素化する傾向^^;
パッチワーク | Comments(10)
2008/11/12.Wed

赤毛のアン??~歓喜の白い路 完成^^

赤毛のアン、8枚目のブロック完成です^^
ann1112_1.jpg
夕方撮ったのではっきりしない色でゴメンナサイ
実物はもう少しきれいな、歓喜のイメージにぴったりな爽やかな明るいブロックになりました。
ann1112_2.jpg
今回使った布はどれもお気に入り。
間で他のものを作ったりしたのに、
逆にいい気分転換になって思ったよりもサクサクできました。

さて、もうすぐ次号の発売。
一番大きな、今月の倍以上もあるブロックが待ってますね…
でも、予定としてはクリスマスモノやプレゼントなど作りたいものがいろいろあるので、
アンのマンスリーは、気長に来年春あたりの完成を目指してのんびり進めて行くつもりです~^^
パッチワーク | Comments(8)
2008/11/03.Mon

赤毛のアン??~歓喜の白い路 途中経過

りんごの花部分の布がやっと決まったので
アンのキルト再開。
暫くヘキサゴンから離れていたせいか、
久し振りにつなぐ六角形はなんだか新鮮。
ann1103.jpg
↑の布は手持ち布なのだけど、
他の路部分の白い布がどうしても気にいったものがなくて、
新しい布を求めて初めてのお店に出かけました。
春に作品展を開かれていた『ANNE』というキルトショップ。
大好きな先染布もたくさんあって、
久し振りにアレコレ新しい布を手に迷う時間も楽しくて^^
やっと白い織り模様のある布を1枚購入。
(↓右側の布です。)
ann1103_2.jpg
きれいな歓喜の白い路が出来るといいな^^
パッチワーク | Comments(10)
 | HOME |