2005/07/31.Sun

針山

hariyama.jpg

学生のころ、友達と旅行に行った時の母へのお土産は、中華街で買った針山でした。
周りで手を繋いでいる子達のお顔はちょっと怖かったのだけど、
形が可愛くて買ったのを覚えています。
母の針山は今もお裁縫箱の中にあると思います。

これは、何年か前にダンナ様の妹からもらったものです。
私が母に買ったのと同じもので、今でも中華街のお土産にあるんだなぁと懐かしく嬉しく思いました。
パッチワーク | Comments(5) | Trackback(0)
2005/07/29.Fri

掛け時計

b_clock.jpg

我が家のリビングにかかっている時計はHouse of Bessの時計です。
SHOPで観てすごく気に入っていたのだけど、
お教室で作れるかな~と思っていたら引っ越してしまったので、
その後広島に帰ったときにわざわざ買いに行きました。
パターンは苦手な鋭角…
でも、色も形もお気に入りです♪
家族には、『時間が分からない~』とちょっと不評ですが、
お隣に住んでいた中1の女の子も、この時計を見てすごく褒めてくれたので、
分かる人には分かるのさ~^^
パッチワーク | Comments(4) | Trackback(0)
2005/07/28.Thu

バレッタ2

baretta2.jpg

今度はトールのバレッタです。
ちょこっと教えてもらってたときに作ったもので、
デザインはそのころ習ったものです。
小さいものに描くのは早くできるのは嬉しいんだけど、
思ったよりも難しいと思いました。
ブルーのほうはベースの色は好きな色で描いたのだけど、
さし色は先生に選んでいただきました。
(多分自分では同系色でまとめてると思う…さすが先生!)
茶色の方には周りにゴールドを入れてずいぶん上品になりました。
(これも先生のアイデアです。)
トールペイント | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/27.Wed

バレッタ1

baretta1.jpg

簡単なクレィジーキルトを作ったときに、バレッタにできそう!と思って作ったものです。
なるべくお気に入りの布で…小さくても捨てられなかった布が活かされてよかった♪
これのお陰で『パッチワークやるの?』と声をかけてもらったりします。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/26.Tue

可愛いSEWINGセット

sewingbox4.jpg

私のはじめてのSEWINGセットです。
小学生のころ、5歳離れた兄が修学旅行のお土産に買ってきてくれたものです。
同じものを買ってもらった妹は、すぐに使っていたのだけど、
私は可愛くて嬉しくて、ずっと大事にしてきました。
お人形のスカートのポケットには、はさみとメジャーと糸と縫い針が入っています。
多分兄はこれをお土産に買ってきたということも覚えていないと思いますが。
パッチワーク | Comments(3) | Trackback(0)
2005/07/25.Mon

葡萄の実

grape.jpg

このミニティシュBOXは、本当にトールペイントを始めたばかりのころ描いたもので、
ストロークがヘタッピでとても恥ずかしいのですが…
葡萄の実は、絵の具をつけた綿棒でポンポン…ってしていくだけで、こんなにかわいい葡萄の実が描けました。
ストロークはやっぱり練習が必要だけど、こんな簡単にできるものもあるんですね。
とっても嬉しかったので、下手なんだけど手元に残してある思い出の作品です。
トールペイント | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/24.Sun

ファスナー飾り

DSCF0017.jpg

いただいたり、キルト展のSHOPで見つけて買ったり、可愛いファスナー飾り(チャーム)をいくつか持っています。
ファスナー飾りなんて何でもいいじゃない?と思う人もいるけれど、
それをちょっとお気に入りのものにかえるだけで、
そのポーチが特別大好きなものになったりするくらい大きなチカラがあるような気がします。
BEARやスーちゃんも好きなんだけど、SEWINGグッズには目がない私です。
パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/23.Sat

ハートのタペストリー

hh_heart.jpg

HOBBYRA HOBBYREのハートのタペです。
一目見てかわいい!と購入したものの、アップリケが苦手でしばらく眠っていました。
パッチワーク教室に通うようになってから、ようやく完成できたタペです。
同じ型紙を使っていてもひとつひとつのハートはちょっとずつ違う形になってしまいました。
季節を問わないタペなのだけど、勝手にバレンタイン用に決めて、私はいつもお正月のタペを片付けたら玄関に飾ります。
でもきっと家族は誰も気づいていないんだろうなぁ。
パッチワーク | Comments(4) | Trackback(0)
2005/07/22.Fri

手作りパンのある生活

book35.jpg

たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ 稲田多佳子・門間みか著(宝島社)
キルトの本と同じくらいお料理やパン・お菓子の本が好きで、作れそうだな~と思うものや、そのレシピを書かれた方の想いに共感したりするとついつい買ってしまいます。
なので、同じ方の本が並ぶことが多くなります。
そんな感じで稲田多佳子さんのお菓子の本を持っているのですが、
新刊としてこの本が出たときも中を見て『幸せで優しいお菓子とパンのレシピたち』に惹かれて買ってきてしまいました。
中でも、『白いご飯を炊くようにレシピを見なくても毎日簡単に焼けるパン』、なんて夢みたい…(パンのレシピは門間みかさんです)
そうなるには時間だけのことではなく、気持ちにもゆとりがないと美味しくできないような気がします。
義務ではなく、当たり前のように手作りの焼き立てパンを食べる生活を過ごせるようになりたいなぁと思います。
(HPの今日7/22のひとりごとにこの本のレシピを使ったパンがUPしてあります)
BOOK・パン・お菓子 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/21.Thu

SEWINGをモチーフ

bessminitape.jpg

f.quilt.jpg

パッチワークやトールペイントなどで、モチーフに使いたいものの一つがSEWINGの小物。
ボタンだったり糸巻きだったり。好きなものはそばにおいて見ているだけでなんだか幸せな気持ちになってきます。
ミニタペはHouse of Bessのキットです。
トールのミニ額にはキルトもモチーフになっています。
トールで描くキルトも大好きです。
描くほうが早いなぁ、と思うこともあるけど、描いていると、やっぱり縫うほうが早いなぁと思ったりします。
もっと布の質感を出せるようになれたらいいな。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/20.Wed

パンを楽しむ生活

book16.jpg

徳永久美子のパンを楽しむ生活 おいしいおはなし (主婦と生活社)
この本はパン屋さんをしながら、家族のためにリクエストに答えながらパンを焼き、パンに合うお料理も作っている徳永さんという方の本です。
レシピももちろん載っているのですが、
本当に『パンを楽しむ生活』をされていることが伝わってくる本です。パン作りは時間がかかるからこそ、暮らしの中に組み込めるのだそうです。
今まで逆のことしか思ったことがなかった私には意外なことでした。
頑張りすぎると息切れしてしまうので、
私のペースでぼちぼちと、こんな風にパンを楽しむ生活をしていければいいなぁと思います。

(徳永久美子さんのパン屋さんは、『ベッカライ徳多朗』というパン屋さんで、横浜にあるのだそうです。月1回のかわら版が、この本の元になっているそうです。)
BOOK・パン・お菓子 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/19.Tue

キット4

hh_minipocket

これはHOBBYRA HOBBYREのちいさなポケットがたくさん付いたキットです。
こんなちいさなポケットじゃあ何も入れられない…と思っていたところ、
妹のところに同じものがあり(やりかけてほったらかしだったものを母が完成させてあげたらしい)、
薬瓶や体温計、クリーニングの半券やポイントカードなど、
上手に整理して使っていました。
あんまり可愛かったので、私も早速作ってみました。
これを作った頃はまだ子供たちが小さかったので、
それぞれが自分のポケットを決めてシールを入れたり、ビー玉を入れたり、
とても楽しいポケットになりました。
何度もお洗濯をして、ちょっぴりくたびれてきましたが、まだ使っています。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/18.Mon

大好きな布3

nuno7.jpg

アルファベットの布と同じくらい好きなのが、五線譜のある布です。
カットするときは一応どこの音符を使おうかな~なんて考えたりします。
でも、この布も大きく使える裏布にすることが多く、
一人でこそっと見てるだけで、何とか使いこなせたらいいのになぁと思います。
パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/17.Sun

はさみ

scissors

私が主に使っているはさみです。
どれも特別なものや高級なものではないけれど、大切に使っています。
右からピンキングバサミ(2代目です)
洋裁バサミ(切れすぎてコワいのであまり使っていません)
パッチワーク用裁ちばさみ17?(一番活躍中)
パッチワーク用はさみ11.5?(スラッシュキルトのときに活躍。最近はちいさなピースはこれで済ませてしまうことも。糸もこれで^^;)
糸切りバサミ(刺繍のときもこれを愛用)
手前のはさみはパッチワーク用ではなく、ステンドグラスの型紙を切るときに使うはさみです。銅テープの厚みの1ミリ分が勝手にカットできてしまう優れものです。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/16.Sat

キット3

WENDYS すいか

高松に来て、なかなかキルトSHOPを見つけられずにいたのですが、
ちいさなギャラリーで作品展をしているのを見つけ、
そこで出逢ったのがWENDY’SというキルトSHOPでした。
なかなかお友達もできず、キルトを一緒に楽しむ出会いを求めて、
自転車で10キロ以上も離れたお店を探しに行きました。
何とか見つかったものの、お教室の生徒募集はしていないとのこと。
でも、ちいさなSHOPには可愛いキットや雑貨、使いやすそうな布が詰まっていました。
行くと買ってしまうので、布の探し物があるときだけこのお店には足を運ぶようにしています。
ミニキルトスタンドにぴったりのミニタペ、季節に合わせていろいろキットがあります。
これもその中のひとつ。夏になると出てくるすいかのミニタペです。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/15.Fri

カッテージチーズケーキ

お料理はいつも本を見ながら作っているし、お菓子もレシピ無しで作れるものは余りありません。
そんな私でも、少しだけオリジナル(アレンジ?)レシピがあります。
ときどきここで紹介できたらいいなぁと思います。

今日は大好きなカッテージチーズケーキ。
タルトのチーズケーキです。

♪カッテージチーズケーキ♪
カッテージチーズケーキ

<材料>21?タルト型1台分
 *タルト台*
 無塩バター   120g
 砂糖       50g
 卵黄(大)     1個
 薄力粉     160g
 バニラオイル
 *フィリング*
 カッテージチーズ300g(ケーキ用の裏ごししたものが便利)
 生クリーム   100?
 全卵       2個
 砂糖   80~100g
 薄力粉       8g
<作り方>
 *タルト台* 
 ?ボウルにバターを入れ、柔らかく練り、
  振るった砂糖を少しずつ加え混ぜる。
 ?卵黄を加えて混ぜ、バニラオイルを入れる。
 ?よく混ざったら3度振るった薄力粉を入れて混ぜる。
 ?ひとまとめにし、大きめのポリ袋に入れて
  型ぐらいの大きさに伸ばし、冷蔵庫に入れて固め、
  サラダオイルを塗った型に貼り付ける。
 *フィリング*
 ?全卵2個をボウルに入れ溶きほぐす。
 ?砂糖を1度に入れさらに混ぜ、
  生クリーム・裏ごしチーズ・薄力粉を入れる。
 ?タルト生地を貼った型に入れ、
  150~170℃でゆっくり1時間くらい焼く。

☆この分量で作るとタルト台は余るので、少し控えても。
 フィリングのお砂糖は、私は少な目の80gで作っています。
レシピ | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/14.Thu

アルファベットサンプラー

alphadet sampler

これは広島の小さな手芸やさんのキットで作ったアルファベットサンプラーのミニタペストリーです。
まだパッチワークらしきことを始めたばかりのころで、
どちらかというとシンプル刺繍がお気に入りだったときのものです。
まだ幼かった子供たちの部屋に飾って、
APPLEの『A』、BIRDの『B』なんて指差しながら見て楽しんできました。
長男君か次男君か忘れてしまったのだけど、
あるとき絵本か何かを見ていて『かぼちゃはPUMPKINだよね~』といったときはびっくりしました。
パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/13.Wed

キット2

house of bess

HOUSE OF BESSは広島にあるキルトSHOPです。
広島にいるときはここで3年間キルト教室に通っていました。
このお店の布はどれも大好きで、今の私の雰囲気はここから生まれたように思います。
引っ越して1年後、たまたま高松であったキルト展に先生の作品も展示されることになり、SHOPも出店することになりました。
そのとき初めてキルトSHOPのお手伝いをすることに。
販売のお仕事なんてとてもできない性格なのだけど、キルトSHOPでは大好きなものに囲まれて、本当に楽しく過ごさせてもらいました。
そのときいただいたアルバイト代で、SHOPのフープスタンドとキットを買いました。
これはそのキットで作ったオルゴール付きのクッションです。
パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/12.Tue

最近買った本

book34.jpg

加藤礼子のハートフルキルト (主婦と生活社)
一番最近買ったパッチワークの本です。
加藤礼子さんの優しいカントリーの布あわせが好きです。
この本が出てからそんなに経っていないのに、
NETのお友達もいろいろここから作品を作られているようで、
作り手によってその人らしさが出る作品を、楽しく拝見しています。
私は一番最初に印象に残ったフレームを作りました。
本と似た色の布を使ったのだけど、私らしさは出てるかな?
BOOK・パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/11.Mon

季節のタペ?

七夕

季節のタペはHOBBYRA HOBBYREで購入して作ったものがたくさんあります。
これは7月、七夕のタペです。
(画像では見難いかも知れませんが)周りの夏らしいアイテムのアップリケも可愛いし、縁台に腰掛けた男の子と女の子も可愛い♪
今年はいろいろなことに取り紛れて、出さずじまいでした。
かき氷や風鈴もあるので、これからしばらく玄関に飾っておきましょうか。
パッチワーク | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/10.Sun

キット1

VAZZ

VAZZは大好きな柴田明美先生のSHOPです。キットもかわいいものが多くて、あまりこちらではお目にかかれないので、岡山などのキルト展で出店されているとつい買ってしまいます。
この2つもVAZZのキットで作ったものです。
キットはたくさん在庫があってつらいので(誰のせい?!)、こちらで少しずつお披露目していけたらいいなぁと思います。
パッチワーク | Comments(6) | Trackback(0)
2005/07/09.Sat

セラムコート

セラムコート

トールペイントを始めたころはあまり絵の具も持っていなくて、
工夫していろいろな色を作っていました。
見本と違う色になってもそれなりに満足していました。
でも、だんだんやっていくうちに、この色がいい!この色で描きたい!と同じ色をなるべく使いたくて、絵の具が少しずつ増えてきてしまいました。
本当は、続けていくにしたがって、自分で色を作ったりアレンジしたりできるようになるのが本当なんだろうなぁと思うのですが…
これは大好きな色のホンの一部。
何本持っているかは怖くて数えていません(><)
トールペイント | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/08.Fri

ひんやりデザート

book33.jpg

石橋かおりのひんやりデザート (雄鶏社)
私は焼いたお菓子がすきなんだけど、
我が家の男性たちは皆冷たいデザートが大好きです。
夏は特にひんやりデザートが恋しくなってきます。
これは私の持っている数少ない冷たいお菓子の本です。
『中国茶ゼリー』、ウーロン茶で作って
コーヒーフレッシュをかけて食べると美味しい♪
ゼリーは次男君が大好きで、
デザートの優先順位をつけると『ゼリー・ムース・プリン・ヨーグルト』なのだとか。
(ちなみに私は『ムース・ヨーグルト・プリン・ゼリー』)
ここに載っているアイスクリームはまだ作ったことはないのですが、
今年の夏はぜひ挑戦してみたいと思っています。

BOOK・パン・お菓子 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/07.Thu

大好きな布2

nuno6.jpg

アルファベットプリントの布が好きです。
見つけるとつい買ってしまいます。
どうやったらこの布を活かせるのかなぁと思いながら眺めています。
ポーチやバッグの裏布にして、開くたびに嬉しい気持ちになったり、
ちいさなピースの中できらりと存在感を示してくれたり、
上手に使ってあげたいなぁ。
パッチワーク | Comments(4) | Trackback(0)
2005/07/06.Wed

アップリケのテディベア

kumiko1.jpg

小林久美子さんのアップリケキルトは、特にテディベアが可愛い♪
アップリケは苦手でも、この可愛さに作ってみたくなります。
黄色いお買い物BAGはスーパーのレジ袋の代わりに愛用して8年以上になります。
クッションは↓の本を参考に作りました。
book32.jpg

私だけのテディベア・グッズ作りたい 小林久美子著 (日本ヴォーグ社)
BOOK・パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/05.Tue

ワンパッチ・ツーパッチ

book31.jpg

1ワンパッチ2ツーパッチ3スリーパッチのパッチワークキルト 斉藤謡子著 (日本ヴォーグ社)
ナインパッチから始まった私のパッチワークは、
勉強していくうちにより細かくよりたくさんのピースを繋ぐことに憧れていきました。
でも、ふと自分で作りたいものを思うと、シンプルで素朴なキルトの持つ安心感、いつまでも見飽きない奥深いもの、心地よさを求めているような気がします。
この本に載っているキルトはそんな私の作りたいキルトそのものです。
中でも表紙にもなっているツーパッチのスプールのタペストリー、
大好きなチェックの布をこの形にして眺めてみたいなぁと思っています。
BOOK・パッチワーク | Comments(6) | Trackback(0)
2005/07/04.Mon

ドットプリント

nuno5.jpg

気がつくと、いくつも可愛い水玉の布が増えています。
シンプルなドットプリントも無地のように使えていいのだけど、
イビツなマルのプリントに何故か惹かれます。
この9枚は中でもお気に入りの布たちです。
小さくカットして使うと目玉みたいになることがあるのですが…
パッチワーク | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/03.Sun

エンゼル型

book30.jpg

1つのボウルでできるお菓子 大原照子著 (文化出版社)
お料理もパン作りも、それからお菓子作りも簡単で美味しいのが一番。
この本は、題名に惹かれて手に取った本でした。
チョコレートブラウニーもチーズケーキもにんじんケーキもマーブルケーキも、
みんなワンボウルに材料をどんどん入れていくだけ、
型もすべてエンゼル型でできます。
どれもみんな簡単で美味しくて、お気に入りのレシピ本です♪
中でも、病気の子供たちが美味しいと食べてくれた『林檎の蒸しケーキ』は、忘れられない味です。
 
BOOK・パン・お菓子 | Comments(2) | Trackback(0)
2005/07/02.Sat

食パンとパウンド型

poundcase.jpg

いつの間にか増えてしまったパンやパウンドケーキの型です。
一番手前の小さいのは一応ミニ食パン型です。
オニオンブレッドというパンを習ったときにあまりにも美味しくて、
絶対にうちでも作るぞ!と型を買いに行ったら、
私にとってはちょっとお高くて、
しかもひとつじゃなく最低10個はほしかったので、
散々迷って買ったものです。
でも、何度も作ったのでしっかり元は取れたかな?
左手奥の筒状のメッシュの型も食パン型です。
これはキャロットブレッドや蓬大納言というパンを作ったときに購入したものです。
パン・お菓子 | Comments(0) | Trackback(0)
2005/07/01.Fri

岸本(大高)照美さん3

book26.jpg

大高照美 Tole Painting Story 1991~2000
これは岸本(大高)照美先生の10年間のトールペイントの自分史のような作品集です。
初期のころの作品から、今の作風の入り口くらいまでが順を追って載っています。
岸本先生もこうして自分で試行錯誤されてこられたんだ、ということが伝わってくるような本です。
今の私の作品も、上手ではなくても同じように愛情こめて描いてきたのだから、大切にしようと思います。
BOOK・トールペイント | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |