2018/04/25.Wed

キルティングの合間に

今年は桜の開花も早かったし、
4月というのに夏日の日があったり、
まめぐるしくて時間の過ぎるのも早く感じます。

・・・というのは更新をさぼっていることの言い訳ですね(^^ゞ

先月観たキルト展に刺激をもらって再開したキルト、
やっとボーダーに入りました。
ざっくりキルトを入れたら、
先にパイピングしちゃおうかな、と思っているところです。
そのあと細かいキルティングと刺繍をして…
と、ここで言って有言実行と行きたいものです💦

それだけに向き合うのは飽きてきて無理なので、
小さなクロスステッチを。

こちらも何年も温めていたゲルダさんのミニプルベル。
gb_180405.jpg

花糸の優しい雰囲気がやっぱり素敵
鳥さんの青もきれいな色です。

そしてこちらは今年のドームで買ったもの。
av_180418.jpg

フレーム付きで糸もセットされていたのだけど、
何故か糸は全然違う段染め糸だったので、
チャートに合った糸を用意して刺しました。
フレームも簡単な枠だけなので、
裏はマスキングテープで貼っただけ(^^ゞ
それでも糸巻きの形がかわいくて、
軽いので飾りやすいという利点も^^

さて、次は何を刺そうかな~
…じゃなくてキルティングもしなくちゃ。
クロスステッチ | Comments(0)
2018/03/29.Thu

まざーず・どりー夢キルト展

ポカポカ季節先取りの暖かさで桜満開の中、
昨日はまざーず・どりー夢キルト展に出かけてきました。
今回はmisakoさんとご一緒に。

加藤先生らしいかわいいキルトがたくさん。
ユイポワンの先生方のキルトもありました。
少しだけ撮らせていただいた作品をUPしますね。

アラウンドザワールド。
こういう色味がやっぱり好きなんです^^
md_180328_7.jpg

ピンク色がかわいいお花のアップリケのキルト。
md_180328_6.jpg

たくさんのハウスと、とってもキュートなスーちゃんのキルト。
周囲をあみあみされて手が込んでます。
md_180328_4_1.jpg
md_180328_4.jpg

ナインパッチと細かなアップリケがみっちりと、
ご家族をテーマにしたキルト。
ワンちゃんのしぐさがとってもかわいい
md_180328_3_1.jpg
md_180328_3.jpg

目立たないけど、繊細な刺繍が全体にたくさん施されたキルト。
md_180328_2_1.jpg
md_180328_2.jpg

こちらは全体のキルトは写真がぶれてしまってないのだけど、
とっても細かなお花のリースのアップリケが素敵でした。
md_180328_1.jpg

全体的に手の込んだ刺繍と、タペストリーの周囲の工夫を凝らしたものが多かった印象でした。
最後まで手を抜かないことって大事ですね。

そして今回は加藤先生の過去作品も展示されていました。
これは1987年の作品。
30年前の作品に会えるなんて嬉しかった♪
md_180328_1987.jpg
今とは違う作風だけど、針目はとっても細かくきれいでした。

順を追って2007年の作品まで。
md_180328_1988.jpg

md_180328_1995.jpg

md_180328_2005.jpg

だんだん加藤先生ご自身の作風が出来上がっていく様子がうかがえました。

私も再開したスーちゃんのキルトを少しずつチクチク…
md_sue_180329.jpg
今年中には…と思っていますが、どうなることやら(-_-;)
>>続きを読む
イベント | Comments(6)
2018/03/19.Mon

刺し子 花ふきん

パッチワーク教室でブームになっているのが
讃岐かがり手毬と刺し子。
手毬のほうはまだまだ私には敷居が高くて手を出せないのだけど、
刺し子のほうは以前から材料は温めていたので(^^ゞ
こちらもキットを作ろうプロジェクトの一環で始めました。

元々持っていたのはホビーラホビーレさんのもの。
1作目はいきなりの一目刺しの亀甲花刺し。
sashiko_180203.jpg
印刷してある通りに運針すればいいと思っていたら、
細かくてなかなか進まず💦
初心者にはちょっと難しかったかも…
それでも糸を渡して模様がはっきり出てくると、
楽しくて(^^♪

2作目は同じくホビーラさんの花亀甲。
sashiko_180204.jpg
こちらも思った以上に時間がかかってしまって…
一方向に刺しているときは気分が乗らない(笑)のだけど、
模様が出てくるとかわいくて次々刺し進められました。
この柄は可愛いので、また色違いで刺してみたいです♪

3作目はオリムパスのもの。
ホビーラさんのものよりやや小ぶりの大きさです。
飛び麻の葉という花ふきんです。
sashiko_180213.jpg
糸は川越の刺し子やさんで買った糸。
もう少し明るいブルーの糸なのだけど、
刺してみると紺色っぽく見えます。

4作目は3月3日に間に合うように刺した花刺しⅡ。
こちらはホビーラボビーレさんのものです。
sashiko_180302.jpg
初めて段染め糸を使ってみました。
でも、こういう大柄のものは1色のほうがきれいに見えるのかも?

5,6作目はオリムパスでは花刺し、
ホビーラホビーレでは輪違麻の葉と
違う名前のついている花ふきん。
sashiko_180314.jpg
下にある方がオリムパス、上にある方がホビーラホビーレのもの。
同じ柄でも大きさや色が変わると違う雰囲気になります。

刺し子も奥深くてもっともっと刺したいなって思います。
お友達に頂いたアトリエkazuさんの段染め糸も
もっと上手に刺せるようになってから使いたいとワクワクしています♪

ところで、思わぬ効果というか、
針を動かしているうちに、
キルティングをしたい気持ちが出てきて、
もうずっとやりかけていたスーちゃんの()キルティングを再開しています。
このやる気をなんとか持続させたいと思います。
刺し子 | Comments(4)
2018/03/18.Sun

ご無沙汰してしまいました…

ずいぶんこちらを放置してしまいました。
下書きしてはIPできないまま、
ひと月以上…
季節はすっかり春になって、
チラホラ桜の開花の便りも届くようになりました。

小さな体調不良はありながら、
元気にしています。
気にかけてくださった方、ごめんなさい、ありがとう。
もう少し時間を上手に使って
これからも細々とだけれど手仕事のこと綴っていければと思います。

さてさて、このひと月半の間に春らしい小物が出来上がりました。
クローバーのがま口ポーチと持ち手つきのポーチ。
pc_clovepouch_180315.jpg

コロニアルノットステッチを練習して、
可愛い白詰草ができました。
先生に分けていただいたココナツ?のテントウムシのボタンが
作品をワンランクもツーランクも可愛さUPしてくれています♪

それからピンクッションも2つ。
pc_180215_pincushion.jpg
pc_180307_pincusyon.jpg
ミモザのピンクッションはブローチとお揃い風。
小物作りはやる気UPにつながって楽しいです^^

それからお教室で、手持ちのキットを作ろうプロジェクト(笑)が始まり、
私も何年も寝かせていたキットが一つできました。

w_180301_minitape.jpg

WENDY"Sさんのキットで
キルトショップのミニタペストリー。
これを購入したのはまだ高松にいた頃なので、
もう10年以上前のものです(^^ゞ
小さなパーツになかなか手をつけられなかったのだけど、
今回おかげで形にすることができました。
今も生地を替えてこのキットは販売されているみたいですよ^^

それ以外の完成品はまた後程。

パッチワーク | Comments(4)
2018/02/02.Fri

東京国際キルトフェスティバル2 かわいいトムテ

キルトフェスティバルのお話、
もう少しさせてくださいね。

今回『若草物語』と同じくらい楽しみにしていた企画展の中に、
『わたしの布遊び~森へ帰ろう』がありました。
中でも五戸修美先生の「北欧森の妖精トムテ」は
かわいいトムテがいっぱいの本当に夢の世界。

四季のキルトでもトムテの世界が表現されています。
これは五戸先生の冬のキルト。
qf2018_5.jpg
ボーダーまでとても細かく手が込んでいてため息…

お友達のpatchさんは、五戸先生の札幌教室に通われていて、
今回、かわいい妖精たちの中に、
patchさんの作られた子たちもいる、とお聞きして、
そのうち2人の子を紹介してもらいました♪
qf2018_p1.jpgqf2018_p2.jpg

お洋服も小物も手が込んでてとっても可愛い♪
一緒に観られてよかったです^^

2回目に行った時に、
このブースで先生がトムテのハンカチ迷子防止クリップをレクチャーされていて、
直々に教わってきました。
忘れないうちに、早速作ってみました。

180202_tomute.jpg

クリップをつなぐコードのサイズが合わなくて、
まだトムテだけ(^^ゞ
小さくて結構苦戦しましたが、
なんとかかわいくできたかな~♪

五戸先生、ありがとうございました。
パッチワーク | Comments(4)
 | HOME | Next »